2009年11月5日(木曜日)北海道新聞朝刊に掲載された記事です。


新千歳空港にほど近い安平に道内最大の家畜市場が開場という記事です。上記写真では見えにくいですが、緑の機械が
和牛を待機場からセリ場へと引き回すホクレン様、ラクト工業様、福地工業(弊社)で共同開発した新型繋留機です。
旧白老市場でも繋留機を使用していましたが、安平のものはその改良版です。この写真では見えない部分に、その成果が
隠されています。収容頭数が2倍になってもセリ時間が長くならないように、ホクレン様の長年の経験ノウハウを詰め込んで
牛と人の流れが滞らないように待機場、入場部分を機械化しています。
上記の記事ではその辺が明らかになってはいませんが、弊社もこのようなイノベーションのお手伝いが出来て大変うれしく
思っております。家畜市場が有効活用されて北海道畜産・酪農がますます繁栄することを念願しております。